「 減損会計 」一覧

NO IMAGE

資産のグルーピングと減損損失の配分の基礎

固定資産の減損を考える場合、複数の資産を1つのグループとして取り扱い、グループ全体として固定資産の減損を考える場合があります(固定資産のグル...

記事を読む

NO IMAGE

減損の表示(貸借対照表と損益計算書)

減損を行った資産および減損損失の貸借対照表・損益計算書のそれぞれの表示は以下のようになります。 1.貸借対照表における表示 ...

記事を読む

NO IMAGE

減損損失の測定方法と仕訳の基礎(減損会計)

資産または資産グループについて減損損失を認識すべきであると判定されたものについては、実際にいくら減損損失を計上するか測定することが必要となり...

記事を読む

NO IMAGE

回収可能価額の基礎(正味売却価額と使用価値)

1.回収可能価額とは 回収可能価額とは、資産又は資産グループの正味売却価額と使用価値のいずれか高い方の金額をいいます(固定資産の減損に係る...

記事を読む

NO IMAGE

減損損失の認識の基礎(減損会計)

資産または資産グループについて、減損の兆候があると把握されたものについては、次の段階として減損損失の認識の判定を行います。 減損の兆候...

記事を読む

NO IMAGE

減損の兆候とは(減損の必要がありそうな資産をリサーチする)

固定資産の減損とは、固定資産の収益性が低下した場合において、固定資産の帳簿価額を減額する処理をいいます。

記事を読む

NO IMAGE

資産のグルーピング(減損会計)

1.資産のグルーピングの必要性 複数の資産が一体となって独立したキャッシュ・フローを生み出す場合には、減損損失を認識するかどうかの判定及び...

記事を読む

NO IMAGE

減損会計の基礎(減損会計の定義とステップ)

1.減損会計とは 貸借対照表に計上されている建物や機械・車両などの固定資産については、たとえその固定資産の時価(市場で取引されている価額な...

記事を読む