サービス業の売上(役務収益)の仕訳・記帳

ここではサービス業の売上の計上について基本的な仕訳や記帳をご説明しております。

商売には商品(モノ)を販売する商品販売業とは別に、役務(サービスといいます)の提供を行うことによってお客さんからお金をもらう形態があります。
これは一般にサービス業と呼ばれるものですが、サービス業ではサービスの提供と引き換えに代金をもらうことになります。
サービス業を営む会社やお店がサービスを提供した時は『役務収益』という勘定科目を使って収益を計上します。

たとえば、マッサージ店が1時間5,000円でサービスを提供し、代金として現金5,000円を受け取ったときの仕訳は以下のようになります。

借方 金額 貸方 金額
現金 5,000 役務収益 5,000

前受金を受け取ったときの仕訳・記帳

サービスの提供には時間がかかる場合があり、サービスの提供前に前受金を受け取ることがあります。
前受金を受け取ったときの仕訳は、受け取った金額を『前受金』として記帳します。

たとえば。旅行代理店を営む会社が旅行代金としてツアー客から前金(前受金)100,000円を現金で受け取ったときの仕訳は以下のようになります。

借方 金額 貸方 金額
現金 100,000 前受金 100,000

その後にサービスが提供されると、『前受金』から『役務収益』へと振り替えをおこないます。

上記のツアー旅行を無事完了した際に、受け取った100,000円を『前受金』から『役務収益』へと振り替え、収益の計上を行います。

借方 金額 貸方 金額
前受金 100,000 役務収益 100,000
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加