減損会計の会計処理一覧

減損会計の一覧

1.減損会計の基礎(減損会計の定義とステップ)
2.資産のグルーピング(減損会計)
3.減損の兆候とは(減損の必要がありそうな資産をリサーチする)
4.減損損失の認識の基礎(減損会計)
5.回収可能価額の基礎(正味売却価額と使用価値)
6.減損損失の測定方法と仕訳の基礎(減損会計)
7.資産のグルーピングと減損損失の配分の基礎
8.減損の表示(貸借対照表と損益計算書)

減損会計(固定資産の減損処理)に関する会計処理の一覧です。各項目の詳細は、上記の各ページへのリンクをクリックください。

固定資産の減損とは、資産の収益性の低下により投資額の回収が見込めなくなった状態であり、減損処理とは、そのような場合において一定の条件の下で回収可能性を反映させるように帳簿価額を減額する会計処理をいいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加