「 流動資産 」一覧

NO IMAGE

短期貸付金(1年以内の貸付金)の仕訳・記帳

取引先や従業員などへの貸付金のうち、回収期限が決算日の翌日から起算して1年以内に到来するものを特に短期貸付金といいます。

記事を読む

NO IMAGE

お金(現金)が入ってきた時や使った時の仕訳・記帳

売り上げた商品の代金のお金(通貨)で受け取る、会社の経費をお金(通貨)で支払うなど通貨に関わる取引は企業でも頻繁に発生しています。 会計上...

記事を読む

NO IMAGE

実際のお金と帳簿上のお金とが一致しない時(現金過不足)の処理

金庫などで保管する現金(お金)は定期的にかぞえていくらあるかを確認することになりますが、この時、実際の現金の残高(実際にあったお金)と帳簿上...

記事を読む

NO IMAGE

定期預金(長期性預金)の仕訳・記帳について

定期預金とは、期限の定めがある預金をいい、引出しや払戻しなどに大きな制限がある一方、金利面では普通預金などと比べ有利な条件が付される貯蓄性の...

記事を読む

NO IMAGE

仮払金(かりばらいきん)の仕訳・記帳

金銭を支払ったにもかかわらず、その内容や正確な金額が不明のもの(いわゆる概算払いの費用など)は一時的に『仮払金』勘定(流動資産)で記帳し、そ...

記事を読む

NO IMAGE

他店発行の商品券(しょうひんけん)に関する仕訳

会社や店舗が自店の商品券を発行(販売)した時は、将来において商品券を呈示したものに対し商品を引き渡さなければならない義務が発生することになり...

記事を読む

NO IMAGE

為替手形(かわせてがた)の仕訳の基礎

為替手形とは、手形の振出人Aが名宛人Bに対し、手形金額を指図人Cに対して支払うように依頼する手形をいいます。 通常、為替手形を振り出した場...

記事を読む

NO IMAGE

先日付小切手(さきひづけこぎって)の仕訳・記帳

通常、小切手の日付は実際の振出日の日付を記入することになりますが、当事者間において将来の一定期日まで銀行に持ち込まない約束をし、振出日として...

記事を読む

NO IMAGE

立替金(たてかえきん)の仕訳・記帳

取引先や役員・従業員などが支払うべき支出を会社が一時的に立替払いした時は『立替金』勘定(流動資産)を使って記帳します。 なお、立替金勘定に...

記事を読む

NO IMAGE

貸付金(お金を貸した時)の仕訳・記帳

取引先や従業員(社員・役員等)などに対し金銭の貸し付けを行ったときは『貸付金』という資産勘定を使って記帳します。 『貸付金』は資産を表す勘...

記事を読む